メンズレザー財布 ハンドメイドの人気メンズレザー革小物 長財布通販専門店 chouette-dor
    メンズレザー財布 ハンドメイドの人気メンズレザー革小物 長財布通販専門店 chouette-dor

          革の基礎知識
 
 
「革そのものの質感、経年変化による味わいを楽しみたい」

「購入時の表情をしっかりと保つ物が欲しい」


「革製品」と言っても、どのような革製品がほしいのかによって選び方も異なってきます。

革に加工する際の鞣(なめ)し方、色付け方法により見た目や質感が全く異なってきます。
CHOUETTE D'ORでは、皮革の表情を活かし、革本来の質感を尊重した製品に仕上げるため、「タンニン鞣しの革」を「染料」で色付けしています。
ここでは、それぞれの工程での違いを比べ、購入時の参考にしていただけたらと思います。


〜「皮」と「革」〜

「皮」と「革」。読み方は同じですが、意味が異なります。
「皮」とは動物の皮膚を剥いだもの、それに対し「革」とは皮を腐らせないように鞣し加工を施したもののことをいいます。鞣し加工をした「革」になってはじめて製品を作ることができるようになります。


〜皮を鞣す「タンニン鞣し」と「クロム鞣し」〜

「タンニン鞣し」とは植物由来のタンニン(渋)を使用した古くからの鞣し方です。非常に手間のかかる鞣し方で最低でも1カ月を要すため、貴重で高価になります。伸縮性が少なく堅牢で、自然な風合いとエイジング(経年変化)が特徴の革に仕上がります。
「タンニン鞣し」を施した革のことを一般的に「ヌメ革」ともいいます。

「クロム鞣し」とはクロム(クローム)という化学薬品によって鞣す方法で、数日で鞣し終えることができるので安価で大量生産に向いています。特性は柔軟性があり伸びも大きく、耐熱性があります。


〜革の色付け「染料染め」と「顔料仕上げ」〜

「染料染め」とは革独自の表情を活かすため、染料で色付けする方法です。革そのものを染色するので傷や血筋、シワなどが比較的残りやすいですが、経年変化を起こしやすく、使用していくほどに透明感のある美しい風合いへと変化していきます。

「顔料仕上げ」とは顔料で色付けする方法で、皮革の表面にペンキを塗るようなイメージです。日本の革製品のほとんどが顔料仕上げです。革本来の表情はなくなりますが、傷やシワを隠すことができるため表面が均一になり、傷も付きにくいです。
革自体はエイジング(経年変化)をしていますが表面に塗っている顔料が変化を覆い隠すため、変化の少ない状態が続きます。



CHOUETTE D'OR(シュエットドール)では、
「革本来の風合いと質感を楽しみ、使う人と共に年月を重ねエイジングを味わってほしい」
と考えています。そのため、「タンニン鞣しの革」「染料染め」にこだわっています。

使うほどに自分だけの一点ものになり、それに愛着を持って育てていただけたらと思います。






メンズレザー財布 ハンドメイドの人気メンズレザー革小物 長財布通販専門店 chouette-dor