メンズレザー財布 ハンドメイドの人気メンズレザー革小物 長財布通販専門店 chouette-dor
メンズレザー財布 ハンドメイドの人気メンズレザー革小物 長財布通販専門店 chouette-dor
  

          天然皮革の証「トラ」と「血筋」

 

「トラ」と「血筋」はどちらも天然の革にしか見られないものです。その牛の特徴を伝えるものであり、生きたという本物の証です。
CHOUETTE D'OR(シュエット ドール)ではこの天然の質感を大事にしております。
「トラ」と「血筋」は革らしさを実感できるものであり、革の風合いの一部としてお楽しみいただけたらと思います。



〜トラ〜


「トラ」とは革の表面にスジのように入っているシワのことで、トラの縞模様に似ていることからそう呼ばれています。
首から肩にかけてなど生きている時にシワが寄りやすい部位の革によく見られ、さまざまな模様があり、革の表情をつくるひとつの要因です。

皮革に加工される前の原皮では、骨が突き出ていた関節などの部分は膨らんでいたり、首筋の皮はシワが多かったりと、表面はとても不規則な状態です。
このような凹凸やシワのある皮を、引き伸ばしたりアイロンをかけたりして平らに近い状態にして皮革に加工していきます。
ですがこれにも限界があり、伸ばしたシワの部分が染色した時に濃くなって色ムラになったり、シワが痕として残ったりすることもよくあります。このような色ムラは最終仕上げを終えて初めて、縞模様のようになって革の表面へと現れてきます。
このような縞模様を「トラ」といい、トリミング次第で美しい革模様となることもあります。
また「トラ」の部分が他と比べて強度が劣るということもありません。


〜血筋〜


「血筋」とは皮革の表面にある葉っぱの葉脈のようなスジ模様のことで、動物の皮膚の下を走っていた血管の痕です。
どのような動物にも血管はあるので、血筋は本来ほとんどの革にみることができるものです。
血筋の流れは一定ではなく、皮膚の薄い部位、血管が体表近くに浮き出ている部位を使用した皮革では血筋がはっきりと出やすい傾向にあります。

血筋を隠すため表面加工やカラーコーティングをしている場合も多いので、表面的には見えないことも多くありますが、革製品の歴史が長い欧米や、自然の風合いをそのまま生かした革製品では表面加工をあまりしていません。
血筋は模様であり、革質の良否には関係ありません。





メンズレザー財布 ハンドメイドの人気メンズレザー革小物 長財布通販専門店 chouette-dor